RECENT ARTICLES | 土岐三菱自動車 最近の記事 >

スペアタイヤ事情と対策

<意外と知らないスペアタイヤレス>

最近の新車って一部の車種を除き、スペアタイヤを搭載しなくなった事は皆さんご存知でしょうか?何故って思う人も多いですよね。それには色々と理由があるそうです。

<スペアタイヤの積載義務>

以前はスペアタイヤ積載義務がありましたが、現在は積載義務はないという法律で定められています。

<環境に優しくない>

スペアタイヤが使用、未使用関わらず年間破棄される数はブリヂストンの調べでなんと5900万本だそうです。これでは勿体無いし環境に優しい筈がありません。そこで業界は環境を良くする為の方法としてスペアタイヤレスを選択したと言われています。

<タイヤ性能の向上>

タイヤ交換が自分で出来ない人が増えてきているそうですが、現在のタイヤが以前と比較して性能が向上し、パンクしづらくなっているそうです。これも理由のひとつでしょうね。

<燃費向上とコストカット>

スペアタイヤレスすることで車の軽量化、燃費向上、車両価格を抑えるといった理由は聞いたことがあるのではないでしょうか。

<パンク修理キット>

今の新車にはパンク修理キットが搭載されているのが主流となっていますが、使用できる状態が限られます。使用できる箇所はタイヤ接地面の3mm以下の損傷箇所のみで側面の損傷には使えないです。

<ロードサービスの充実化>

JAFに加入していれば自分でタイヤを換えなくてもいいし、パンク修理キットを自分で使う心配はありません。JAF隊員さんが駆けつけて処置してくれます。年会費は4,000円、安心を買う意味では決して高くはないはずです。他のサービスも充実してますしね。

要するに車を所持する事は自己責任が生じるということです。車は機械もの。いつトラブルにみまわれるかわかりません。JAFの有り難みはそんな時理解できます。加入してて良かったと思っていただける人が一人でも多くなることを目指して土岐三菱では皆さんにご加入をオススメしてます!

 

 

 

 


関連記事

  1. バイクはバイクでも

  2. あれから1年、早いですね

  3. ダブル台風接近!

  4. 良いことは真似を

  5. オリジナル

  6. 専用工具の大切さ

  7. 賛否両論?(新型デリカD:5)

  8. 10月のイベント参加はやはりアウトドア

  9. 12月ですね





人気記事 PICK UP!

  1. Scamp Japan!!
  2. GO OUT
  3. クレベリン
  4. DELICA D5
  5. ときミツフェスタ2016








人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP
Translate »